社会人2年目OLの日常

大胆OLの頑張らない生活

Understanding Myself

突然ですが、自分がどういう人間か説明できますか?

最近、転職活動のために、改めて自己分析をしているのですが、

自分がどんな人間で、何が得意・苦手で、こういうところが魅力的で、、、

私ってどんな人間?

自己理解するのは本当に難しいなと感じています。

 

そもそも私は、”この仕事がしたい!”というのがあって、それに向けて今転職活動をしています。

なので自己分析をしていてもなんとなく、”この職種にはこういう人が向いている”というフィルターがかかってしまっているなぁと思ったり。

 

営業職で例えてみます!

コミュニケーション能力のある人営業職に向いていると思う

→ 自分はコミュニケーション能力のある人間であることを証明できるエピソードだけを考える

こういったところでしょうか?

 

やりたい仕事があって、それに合わせて自己分析するのでも全然いいと思うけど、

合わせに行ってしまうことで、いろんな角度でミスマッチが起こる可能性が高くなる?

そしたら短期離職に繋がる...?

などなど考えすぎなのかも。と思うくらい考えてします(笑)

今の会社を1年半ほどで退職しようとしてるので、次の会社でこそ長く働きたい!という気持ちが強いからってことにしておきます(笑)

 

理想の自分

上記で述べたように、自己分析をする上である程度フィルターや思い込みが入ってしまうのは仕方ないのかなと思います。

新卒の就活の時、

”こういう自分であって欲しい”

"自分はこういう人間なはず"

”こんな人間だったら嫌だな"

など、理想の自分像みたいなのに当てはめて自己分析をしていたな〜と今になって思います(笑)

 

理想の自分像を持つのは良いことだし、それに向けてモチベーションをあげることも出来るし、理想の自分になるために生きているといっても過言ではない!(笑)

ただ、今の自分を直視する自己分析・自己理解に、理想の自分像を当てはめようとすると、理想と現実でギャップが生まれてしまうのかな〜。

 

言葉でうまく説明できないのですが、理想を強く持つほど、本当の自分を知ることが難しくなるのでは...?と思ったり。

 

自己分析が深い段階に入ると、本当の自分にがっかりしてしまったり、知りたくない部分の自分が見えてしまうことありますよね...😭

自分はこんな人間じゃないと思うと否定したくなるし、知ることで落ち込んだり、、、

でもそれだけちゃんと自分と向き合えていることが素晴らしいと思います。

人間誰しも直視したくない部分はあるし!

 

理想の自分になるために、様々なアプローチをしているんだから、

もしかしたら理想の自分に合わせて自己分析するのでもいいのかも!と思う2022年8月でした。