社会人2年目OLの日常

大胆OLの頑張らない生活

ろくろ体験の作品が届きました!

ろくろ体験で制作した作品がとうとう届きました!

↓過去記事はこちらです!

 

watashi-no-life.hatenablog.com

 

\こちらが届いた作品です/

f:id:watashi-no-life:20221002221336j:image

 

みてください...!

このコロンっとしたフォルム...!

ちょうどいいオフホワイトの色み...!

土を焼き上げたので割と重量感があって我ながら大変満足しております♡

 

初めてにしては上出来で素晴らしい作品に仕上がったのではないでしょうか?!

(8割くらい先生が形を綺麗にしてくだっさたなんて口が裂けても言えない)

 

早くこれの作品にカフェオレや抹茶ラテなどを入れて飲みたいなぁ☺︎

 

今回陶芸体験したお店はこちらです!

www.taiken-kiyomizu.com

 

おしゃれな和食器の制作・販売をされている瑞光窯さんです!

場所は京都・清水寺のすぐ近くで、京都旅行中に体験しに行きました♪

プランは3つになります。

・ライトプラン:2,200円〜

・スタンダードプラン:3,300円〜

・ズイコウプラン:6,600円〜

*11月1日から全プラン、料金の変更があるようです!

各プランで制作できるモノが変わってくるので、気になる方はぜひサイトをチェックしてみてくだい!

ちなみに私はスタンダードプランを選びました〜!

スタンダードプランでは、作品のサイズ・仕上がり・カラーなど自分好みに仕上げることができるので、大満足でした♡

(サイズには規定があるので、大きすぎるものは別プランになると思います...!)

 

清水店では制作飲みで、それを東山工房店で焼き上げるそうです!

作品はだいたい2ヶ月弱で届きました!

東山工房店、かなり気になります(笑)

清水店では、和食器がお手頃な価格で販売もされていたので、思わず買ってしまいそうに...。

持って帰るのが大変なので今回は我慢しました><

 

人生初、ろくろ体験。とっても素敵な体験になりました☺︎

次は1から全て自分で制作してみたいと思います...♡

 

弊社の事務職最強説

先日職場の先輩と今後の働き方について話していて...

今勤めている会社の事務職、最強だという結論にいたりました(笑)

(先輩と私は総合職で入社しています!)

それではなぜ弊社で事務職として働くのが最強かについて語りたいと思います(笑)

 

① 残業代が永遠に出る

多くの会社では管理職になると残業代ではなく、管理職手当が支給されると思います。

私の会社では、総合職は管理職に昇進があるのですが、事務職は管理職になることはないです。

なので、何歳になっても残業代はしっかり支払われます。

(社内婚した上司が管理職に昇進した時、奥さんの方がお給料が高い時期も合ったとか...)

完全年功序列の会社なので、年次が上がれば基本給もしっかり上がります。。。

ちなみにボーナスは最低でも半年分支給されるので、金銭面では全く持って困ることはありません。

事務職で働かれている大先輩方も、「この会社、お金だけはかなり貰えるから、やめない方がいいよ!」と言われたくらいです(笑)

この時点で既に最強です。もちろん異論は認めます。

 

② 管理職にならなくていい

この考え方は若い人特有かもしれませんが、管理職にならなくていいんです。

つまり、管理職としての責任を負うこともないし、長時間の残業もする必要がないのです。

(事務職は休日出勤はほぼなく、残業もできるだけ少なくすることを求められているようです。)

業界的に休日出勤が割とあるので、私も毎月元気に休日出勤しております。

責任を負う必要もなく、休日出勤もほぼないって最強です。異論は認めます。

 

③ 転勤なし

全国展開している会社で働く社員さんで悩まれてい方は多いのではないのでしょうか?

全国転勤の壁。

独り身だとまだいいかもしれませんが、家族がいればそう簡単にあちこち引っ越すのは大変ですよね。

事務職採用は転勤ございません!

もちろん採用条件に転勤なしと書かれているので、事務職を選択することもできました!

やっぱり働いてみて、全国転勤やっぱりしたくないなと思ったので、転勤がないことも最強だと感じます。何度も言いますが、異論は認めます。

 

④ フレキシブルな働き方

事務職は女性の方が多いのですが、ママさん社員も多く働いていらっしゃいます。

ママさん社員は時短勤務されてる社員さんがすごく多いです!

会社の制度も整っているので、ママさん社員にとっては働きやすいところは魅力的です。

お子さんが何歳まで時短勤務可能なのか、あまり詳しく知らないのですが、小学校中学年くらいのお子さんがいらっしゃるママさんも時短勤務されています。

本当に制度だけは素晴らしいなと。

また新型コロナウイルスの流行があり、リモートワークがかなり普及しました。

職業柄、リモートワークし辛いところもあるけど、事務職の方は結構リモートワークされている印象です。

総合職は毎日出社している人が多いので、やはり事務職は最強だと思います。異論は認めます!(笑)

 

ざっと事務職が最強な理由を4つ挙げてみました!

お給料/ボーナスはしっかり支給+管理職になる必要がない+転勤なし+フレキシブルに働ける

最強ではないでしょうか...。

 

実際、総合職として入社し途中で事務職に代わられる方も結構いらっしゃいます。

私自身、もし今の会社で働き続けるのであれば、管理職になる前に絶対に事務職に代わりたいです...!!!

 

就活していた頃は全く事務職で採用試験を受けるつもりはなかったけど、

今の会社で働くには事務職が最強だとすごく感じます。

そもそも総合職で働き続けるメリットがなさすぎる(笑)

 

転職市場でも事務職を目指されている方が多いように感じるので、

弊社の事務職最強説について書いてみました!

 

弊社より最強の事務職はあるのでしょうか...?

(絶対ある笑)

世の中は平等じゃない。

平等でないことを受け入れる

世の中は平等じゃありません。

どの部分を見ても全く平等じゃない。

裕福な家庭に生まれるか、貧困な家庭に生まれるか。

人種や性が違うとそこにも不平等が生まれる。(=差別に繋がります)

民族・教育・福祉・宗教...あげたらキリがないですが、世の中は平等じゃないことばかりで溢れている。

世の中はこんなにも不平等で溢れているのに、平等ばかりを求めるのはナンセンスなのかもしれないって最近感じています。

 

資本主義社会では、富を持つ人はどんどん富を得て、貧困層のままであるケースが少なくありません。

あくまで私の意見ですが、資本主義の世界で生きていく限り、平等とはほど遠い世界のままだと思います。

 

わかりやすい例は、ハーバード大学に入学する生徒の親の平均年収は、他の大学に比べて高い傾向にあるという統計です。

東京大学もそうですよね。東大生の親の平均年収は日本の平均より大幅に高く、東大生で奨学金を需給している学生は、他の大学に比べて少ない。

生まれた家庭によって、教育の幅が広がるのは明白かもしれません。

 

生まれる家庭は選べないので、それはもう運命としか言いようがありませが、

日本の場合はどれだけお金持ちであっても、試験に合格しない限り大学に入学することはできません。

入試という機会は全ての人に平等に与えらているので、その面では平等と言えるかも。

合格できても、学費を支払う能力がなければ臨む教育は受けることができません。

 

与えらる機会は均等でも、別のベクトルで不平等が生まれる。

世界に目を向けると、そもそも教育の機会を与えてもらえない子どもたちも本当にたくさんいます。

「隣の芝生は青い」。このことわざがピッタリなのではないでしょうか。

 

結局、世の中全てが平等になることはない。

私のような1人の人間が、平等を叫んでも、世界が変わることはありません。

例え大きな抗議デモを起こしたとしても、全てに変化をもたらすことは難しい。

 

世の中は平等ではないことを受け入れ、今置かれた状況で、自分自身の人生をどう豊かにしていくかを考え、行動することが自身の幸せに一番つながる気がします。

終わりが来るのが怖いから、始まらないでほしい。

この3連休、自然を求めて旅行に行ってきました!

ビルに挟まれて日々を過ごしていると、自然が恋しくなるのです。。。

今回は、自然豊かで部屋からサンセットを眺めることができるホテルに宿泊。

台風の影響で曇っておりサンセットはまっっったく見れなかったけど、

部屋からのオーシャンビューはすごく素敵だったのでOKAYです!(笑)

 

3日間本当に楽しくて心身ともにリラックスできたし、この旅が終わってほしくなかった。。。

 

楽しい時間を過ごし、1人になった瞬間、なぜあんなに寂しく感じるのでしょうか?

暗いとさらに孤独に感じ、寒いとまた一段と。

日照時間の短い北欧で、うつ病を患う人が多い理由がなんとなくわかる気がします。

 

学生の頃は、別れ際に孤独を感じることなんてほとんどありませんでした。

明日も学校で会えると分かっていたからなのか?

それとも学校・バイト・遊びで常に忙しかったから?

多分両方ですよね(笑)

 

社会人になった途端、毎日会ってた友人に会えるのは大型連休くらい。

彼氏に会えない日々が続くこともあるし、お互い転勤もあるのでそれについても悩む。

仕方ないけど、”次”がいつかわからないから、孤独が私を襲ってくるのだと思います。

 

最近はこの孤独や寂しさを感じるのが嫌なので、旅行でもなんでも始まってほしくないと思う時もあります。

始まりがあると、必ず終わりが来る。

 

何事においても永遠なんてないけれど、終わりが来なければ良いのになぁ。。。

(文章だけ読むととんでもなく重症 笑 ご安心ください。テレビ見ながら大笑いしております笑)

 

p.s.

みなさん台風は大丈夫ですか?!

外で風が物すごい勢いで吹いています。。。

明日出勤の方もいらっしゃると思いますが、お気をつけください!

飲食店でのお水を有料にしてください!!!

飲食店でのお水、有料にしてください!!!

お願いします!!!

 

なぜお水を有料にしてほしいか?

理由は簡単です。

ドリンクは?と聞かれた時に、お水を頼むとケチっぽく感じるからです...。

考えすぎかもしれませんが、たくさんドリンクあるのに無料のお水ばかり頼むの、本当に気が引ける時があります...。

 

お酒は苦手でなかなか飲めなくて、ジュースも社会人になってから全然飲めなくなって(笑)

(昔はドリンクバーで何杯もジンジャーエール飲めてたのになぁ...笑)

 

なので飲食店でドリンクを頼むときは、いつも"お水"or"ウーロン茶"。

「ケチって思われるのが嫌なら、ウーロン茶頼めば良くない?」

ごもっともです。ごもっともなんですけど、お水が好きなんです😭

小さい頃からお水を好んで飲んでいたので、お水>お茶なんです。。。

 

ちょっぴり高級なレストランでは、お水も有料のものがあるのでそれを頼むのですが、

有料のお水、色んなお店で普及したら嬉しいなぁ、、、なんて思ってちゃいます(笑)

 

実際有料のお水を導入しても、単価のお手頃なお店では利益出ない可能性もあるし、もしかしたらマイナスになる可能性も。。。

 

飲食店経営何もわかってないOLの、心のぼやきでした😂

お水有料のところが増えますように...

 

 

競馬デビューした2022年、夏

この間、とうとう競馬デビューしてきました🐴

 

競馬デビューといっても競馬場に行ったのではなく、全国にあるJRAのWINSという施設の1つで、人生で初めて馬券を買ったり、3時間くらい楽しんでしまいました(笑)

 

人生で初めて競馬に関する施設?に行ったのですが、私びっっっくり。

意外と大きなビルで、ビルのほぼ全フロアで馬券の購入・レースの視聴ができるんです!

しかも会員(有料だったかな?)になれば、ゆったりと座れるスペースも用意されているみたいで、、、

初めて見る世界、全てが興味深い。

 

競馬って、G1などの大きなレースが年に数回あるだけだと思っていたんですが、これまたびっくり。

ほぼ毎日、常にどかでお馬さんがレースしています。

JRA WINSに3時間くらいいたけど、札幌でレースがあったかと思えば次は新潟、そして福岡。全国各地で次々レースがあって、これは一日中楽しめるてしまう。。。と真剣に思いました。

JRAやるなぁ(笑)

 

休日のお昼間ということもあって、JRA WINSには結構たくさんの競馬ファンがいらっしゃいました。

特にお年寄りの方がたくさんいらっしゃった印象。

結構盛り上がっていて、私もこんな元気な落としよりになりたいなんて思ったり。

私たちがいたフロアに20代はほとんどいなかったな〜。

(友達とか結構競馬やってるけど、みんなスマホとかで見てるんかな?)

 

ついこの間まで競馬には1ミリも興味がなく(笑)、興味ないどころか競馬はギャンブルだから悪だとさえ思っていました。。。

お馬さんの走る姿に惹かれてから、競馬って賭けなくていいし、レースを観るだけでもとっても楽しめる!

 

JRAの戦略にまんまとハマってしまっていますが、初の競馬・競馬施設の体験は、想像していたより楽しかったです!

(結果は聞かないでください。毎レース100円だけ賭けたけど、施設使用料ということで...笑)

 

次は競馬場で実際のレースを観戦してみたいです!

Immersive Museum at 日本橋三井ホール

先日、Immersive Museum を訪れました!

 

immersive-museum.jp

 

最近SNS上で、すごく話題になっていたので、気になって気になって...♡

ようやく、行ってきました!

 

"Dive in Art" と公式で説明されている通り、

アートを見て楽しむだけでなく、アートを肌で"体感"できるのがコンセプトです。

 

アートを肌で体感するって、すごく新しいコンセプトですよね。

私が観た、immersive museumの世界です。

f:id:watashi-no-life:20220909182713j:image
f:id:watashi-no-life:20220909182716j:image
f:id:watashi-no-life:20220909182704j:image
f:id:watashi-no-life:20220909182709j:image

 

写真のように、クッションがたくさん置いてあるので、リラックスしながら映像を楽しむことができます♪

上映は約30分程度で、次から次へとスクリーンにアートが映し出されます。

モネの「Impression, sunrise」

ルノワールの「Near the Lake」

ドガピサロなどなど印象派を象徴する絵画が多く映し出されます。

見渡す限りどこを観てもアートが映し出されているのは、これまで体験したことのない、新しいアートだなと感じました!

体感するアート、まさにそのもの。

 

あっという間に終わりがきました。

 

1つだけ残念なところをあげると、天井部分はアートが映し出されないところです><

映像を映し出す機材を置くのも、スクリーンを天井に貼る?のも難しいんだろうなとは思ったけど...

 

本当に行ってよかったなって思います!

ミュージアムというより、新しいデジタルアートって感じで、今後こういうアートがさらに進化していきそうです!

 

チケットの購入について

チケットは"事前に購入"することをおすすめします!

当日販売もあるみたなんですけど、休日は完売してる可能性がすごく高いです😭

私が行った日は、どの時間帯もsold outでした!

 

下記からチケットの購入ができるので、興味のある方は是非見てみてください!

ticket4.eplus.jp

(土日はsold outが多いです!10/29までしているので要チェックです!)

 

*映え写真を撮るの際の注意点

映え写真を撮るの...結構至難の業です!(笑)

良い場所は常にライバルたちでいっぱいなので、映え写真を撮りたい方はなるべく壁側にポジションを取ることをおすすめします!

(終わった瞬間みんなダッシュで写真撮りに行くので笑)

おすすめは、1巡目はアートをしっかり見て楽しみつつ、どの位置で写真を撮りたいか確認。

1巡目が終わると、みんな動き出すのでその間に壁際でポジションをとり、2巡目終わりに撮影です!(笑)

 

みなさんもぜひ、immersiveな世界を体験してみてください♡

 

--------------------------------------------------------------------

Immersive Museum 

場所:日本橋三井ホール COREDO室町(銀座・半蔵門線三越前」すぐ)

日程:2022年7月8日〜2022年10月29日

   平日 10:00 - 21:00

   休日 9:00 - 21:00

チケット:18歳以上 ¥2,500    学生 ¥1,500    小学生以下 無料

---------------------------------------------------------------------